俺のようになれ

神奈川の横浜市在住

箱根・堂ヶ島渓谷遊歩道の紅葉を楽しみながら軽くハイキング

f:id:ore270:20180927025920j:plain

箱根・堂ヶ島渓谷遊歩道の紅葉のピークや見頃について。宮ノ下から行く堂ヶ島渓谷遊歩道は、紅葉を楽しめるだけではなく吊り橋や滝などもあるハイキングコースとなっています。「チェンバレンの散歩道」

f:id:ore270:20180927025938j:plain

こんにちはオレナレです。

数ある箱根の紅葉スポットの中から、わざわざ堂ヶ島渓谷遊歩道の紅葉に興味を持つ人がいるのは本当に嬉しいです。

堂ヶ島渓谷遊歩道には、今までに3回紅葉を見にハイキングに行ったことがありますがコース内で出会った人数はボチボチって感じで、今一つ知名度が低めのようです。

ちなみに堂ヶ島渓谷遊歩道のある宮ノ下エリアの紅葉の見頃は、毎年11月下旬がピークとなります。

堂ヶ島渓谷遊歩道には不思議な力があるようで、なぜか男性のカメラ小僧みたいな人が圧倒的に多かったです。

f:id:ore270:20180927025949j:plain

さて、堂ヶ島渓谷遊歩道の辺りはテレビや雑誌で何回も紹介されていた有名な旅館があった場所です。

数年前に営業をやめたと聞いたので、今でも再開はしていないのかな?

f:id:ore270:20180927030001j:plain

渓谷沿いの紅葉です。

見えるのはこの景色だけで、聞こえるのは早川の音だけなのに時間を忘れてボッーとできます。

f:id:ore270:20180927030015j:plain

堂ヶ島渓谷遊歩道から宮ノ下方面を見上げた紅葉の景色です。

残念ですが、この辺りまでくると女性の人数が極端に減り、神秘的な男性カメラマンが増えます。

発電所とか小さな桜公園を通って先に進みます。

f:id:ore270:20180927030027j:plain

堂ヶ島渓谷遊歩道を象徴するスポットの吊り橋と滝です。

橋の周りには、お洒落な服装をした山ガールや普通の男性がいます。

f:id:ore270:20180927030038j:plain

堂ヶ島渓谷遊歩道は、30分~40分くらいの、ゆるいハイキングコースと言った感じの場所です。

なので、ガチの登山装備で無くても大丈夫です。

でも、堂ヶ島渓谷遊歩道は難しい道はありませんが、山道ゾーンもありますし、靴が水に触れる所もあるので履き慣れたスニーカーくらいは安全の為にも用意しましょう。

ore270.hatenablog.com