俺のようになれ

神奈川の横浜市在住

箱根の金時山ハイキングでも服装と装備の準備はしっかりする

箱根の金時山ハイキングは、登山をはじめたばかりの初心者におすすめの山です。

f:id:ore270:20181030203911j:plain

金時山のハイキングコースは、複数あり特長もいろいろありますが、どのルートも比較的登りやすいと思います。

ですが、初心者に優しい金時山のハイキングも登山コースなので、甘く考えないで服装や装備の準備はしっかりとしてください。

金時山でも毎年、遭難や事故は発生しています、安全に帰るためにも軽く読んでみてください。

金時山ハイキングを万全の装備をして安全な登山計画をたてればかなりの危険を回避することができます。

最低限の準備をして、箱根や金時山のハイキングを楽しんでください。

箱根・金時山ハイキングで最低限の装備はしてから・・・

はじめて登山やハイキングに挑戦する人もいるかと思います。

初心者は、まだ登山やハイキングに必要な装備などを揃えてはいない状態だと思います。

私が箱根でハイキングを楽しんでいると、たまに遭遇するのが「山に登る格好ではない人」です。

箱根で命知らずのハイキングを楽しんでいるのは、私の経験ではカップルばかりです。

多分 思い付きで登りまじめたのでしょう。

本格的な登山の装備まではいらない、初心者におすすめの金時山ハイキングでも最低限の服装や装備は必要です。

なのに、スニーカーではなくロングブーツとか、ザックではなくお洒落な手持ちのバックとかレインウェアではなく普通のコートとか、観光を楽しむ格好で山道を歩いているので心配です。

金時山でハイキングをするなら、最低限のハイキングの装備は安全の為にも必要となります。

金時山のハイキングで最低限用意する物などを書いてみます。

金時山ハイキングで頂上の寒さ対策をしていないと昼ごはんも食べられない

金時山の頂上は考えているよりも気温が低く寒いです。(特に金時山駒ヶ岳の山頂)冬や秋は油断しないで防寒衣の準備をしてください。

気温が低い時期でも、ハイキング中は汗をかいてしまいます。

汗で体が濡れている状態で、山頂まで登ると風などで体が冷やされてしまうので注意が必要です。

金時山でハイキングを楽しむ人の多くは、山頂で絶景を見ながらお昼ご飯を食べて、ゆっくりすることを考えています。

なのに、寒さ対策をしていないと、本当に辛い事になります。

できれば、着替えがあると理想的です。

箱根のハイキングで経験したくない暗闇の恐怖

金時山のハイキングコースは、午前中の早い時間に登り始めると、お昼過ぎには下山できるくらいの時間で帰ってこられます。

なので、暗くなった山道を歩くことは想定していないと思います。

しかし、懐中電灯は持って無いと危険です。

山は都会とは違い暗くなるのが、思っている以上に早いです。

実は、私も以前 夜の山道で遭難しかけたことがあります。

秋に計画より帰りが遅くなってしまい、真っ暗寸前の中、ケータイの灯りだけで足元を照らし地面に這いつくばりながらギリギリ帰ってこれたなんてことがあります。

本当に何も見えないんです。

ライトの灯りも暗闇に吸い込まれて足元も見えません。

そして、恐いのが森から聞こえる物音です。

今まで隠れていた野生動物が活発に動き出した音は、暗闇の山道で本当に恐怖でした。

箱根・金時山ハイキングから本格的に登山の装備を整える

登山に必要な装備を本格的に、そろえるとかなり高額になってしまいます。

高額な装備を買いそろえてから、やはり自分には残念ながら登山は向かないな~となったらどうしますか?

装備や道具が無駄になってしまいます。

お金を無駄にしないためにも、あらかじめ箱根で登山を経験しておくのは良いことだと思います。

箱根の登山であれば完璧な登山の装備を揃えないでも気軽に登れます。

箱根の山を登ってみて、また山に登りたいと思うのであれば徐々に登山の道具をそろえていけばよいと思います。

箱根・金時山ハイキングで助けになる「服装・靴・ストック」について

ハイキングでは、体温が上がり汗が出てくる前に服を脱いで体温の調節をします。

汗かいていると山の冷たい空気で体が冷やされるので汗を沢山かかないように服を脱ぐことで体温を調節します。

ハイキングの最中に1度動きを止めて服を脱ぐのはめんどくさかったりします。

でも、できるだけこまめに服を脱いだり着たりして積極的にコントロールしてください。

コツは早めに動くことです。

一歩早く行動をして、体温をコントロールするようにしてください。

夏でもウィンドブレーカー位は持っていくと良いと思います。

秋になるとダウンジャケットや首周りのネックウォーマーなども必要になってきます。

できればストックは持っていた方が良い道具です。

登山初心者の足への負担が軽減するのとバランスがとりやすいので安全面でもストックがあると助けになると思います。

靴選びも本当に大事です。

登山靴にはローカット、ミドルカット、ハイカットの3つの種類があります。

ハイキングや箱根の登山であればローカットの靴でも大丈夫だと思います。

本格的に険しい山に挑戦するときは、ミドルカットかハイカットを選ぶようにした方が良いと思います。

選ぶは沢山の登山靴が揃っているお店で登山の知識を持った店員に相談しながら選んだほうが良いです。その際には登山で履く靴下も履いて靴が自分に合っているかしっかり見極めてください。

でも、箱根の山や金時山ハイキングでは、最低限として履きなれたスニーカーでも大丈夫です。

箱根のハイキングコースを全制覇するぞ~ - 俺のようになれ

金時山ハイキングで一番の絶景コース発見 - 俺のようになれ