俺のようになれ

ゆる~く神奈川で1000円くらいで食べて遊ぶブログ

日総工産の評判について「選んだ理由は派遣先が大手の株式会社・・」

f:id:ore270:20190529153734j:plain

日総工産の評判や口コミとそれだけでは調べられない情報や「なぜ、私が日総工産に応募したのか?」についても書いています。

f:id:ore270:20190621170337j:plain

こんにちはオレナレです。

日総工産の評判や口コミなどを調べて、なるべくいろいろな情報を知りたいと思っているのではないでしょうか?

「働きやすいの?」「日総工産の寮は?」「面接はどんな感じ?」など不安に思うことは多いですよね。

私も同じだったので気持ちは本当に良くわかります

私も面接に応募する前は、いろいろと不安だったので日総工産の評判や口コミなどをかなり調べまくったのを思い出します。

なぜ、日総工産の評判や口コミを、しつこいくらい調べまくったのか?

それは経験上「派遣会社選びに失敗すると損をするから」です。

派遣会社には求人情報だけでは見えない差があります。

以前の私は派遣会社選びに失敗して悔しい思いをしました。

その、私の失敗談が少しはあなたの役に立つかもしれないので書いてみました。

そして、私が日総工産を選んだ理由についても書いていますので、チラッとでも良いので読んでみてください。

もしかしたら、参考になる部分があるかもしれません。

日総工産の評判や口コミだけでは知ることができない情報について

f:id:ore270:20190529154755j:plain

日総工産の評判や口コミを調べているだけでは、なかなか知ることができない情報もあります。

例えば「日総工産で働くスタッフの男女の比率」「平均年齢」「平均月給・時給」「通勤:寮」などです。

↑のページではそのような疑問の答えを知ることができます。

日総工産で働いているスタッフの平均年齢は38歳くらいなんだな~とか正確な数字で知ることができるのはありがたいです。

数字は変動している可能性があるので、参考にする場合はご自身で最新情報を確かめてください。

日総工産で働くか迷っている女性は、男女の比率は気になる情報だと思います。

日総工産の評判や口コミは、いろいろな意見がありますが長く続けることができているにはそれなりの訳があるからだと思います。

日総工産のような大手の派遣会社をおすすめする理由・・・これ本当に大事です

「自分の派遣会社より、あの人の派遣会社の方が優遇されている・・・?」

「何か俺だけ損してない?」

当り前ですが、派遣会社はどこも同じではありません。

求人情報で知ることができる待遇(給与など)だけを比べると、どこの派遣会社もあまり差を感じないケースがあります。

ですが、求人に書いている待遇などでは、知ることができない差が派遣会社にはあります

日総工産の評判や口コミであまり良い印象の感想を書いていない人も中にはいます。

ですが、それは他の派遣会社で働いた経験の無い人が多いのではないかと思います。

日総工産の評判や口コミで書かれている悪い内容が甘いように感じます。

では、どのような派遣会社を選んだら良いのか?

それは、大手の派遣会社です。

派遣先の企業に大事にされている派遣会社と、そうでもない派遣会社があります。

他の派遣会社と自分が所属している派遣会社とに、小さい差がたくさんあったらどういう気持ちになりますか?

「大手の派遣会社を選ぶべきだった~」

それを後で知ってしまったら、毎日がツライ我慢の日々になってしまいます

では、私がイマイチな派遣会社で働いてい感じた、派遣会社の違いや差について具体的に書いてみたいと思います。

起業して数年の新しい派遣会社よりも長年生き残っている派遣会社の方が良いです。

日総工産の評判や口コミの中には、悪い内容もありますがまだまだ他の派遣会社のことを知らな過ぎます。

みなさんも派遣会社を選ぶときは注意してください。

日総工産を選んだ理由①鍵の無いロッカーで我慢させられる

日総工産の評判や口コミでは設備がしっかりしている印象があります。

以前、私が働いていた工場には複数の派遣会社から派遣された人達が働いていました。

有名な大手の派遣会社から派遣されている人もいれば、無名の小さい派遣会社から来ている人もいました。

私は小さい派遣会社です。

一緒に働いている人達に話を聞くと、それぞれの派遣会社は微妙に待遇などに違いがあるようでした。

とは言え、時給などの待遇に大きな違いはありませんでした。

ですが、しばらく働いていると、いろいろなことが見えてきました。

その1つがロッカーです。

派遣先の企業から一人1つのロッカーを貸してもらえるのですが、私達の派遣会社のスタッフだけとにかくロッカーが遠いんです。

一緒に働いてる他の派遣会社の人は、職場から近い場所にロッカーがあるのに私の派遣会社は遠かったです。

その工場は職場に私物を持ち込むことができなかったので、お昼ご飯の弁当などは着替えをするロッカーまで取りに行かなければなりませんでした。

往復の時間を考えるとお昼休憩が・・・・減るって感じです。

しかも、鍵の無いロッカーでした。

私達が利用できるロッカーは、なぜか鍵の無いロッカーです。

派遣されているスタッフの人数が少ないから遠いのか?

それとも、ただ小さい派遣会社だから大切にされていないだけか?

常に荷物が紛失する可能性がある状態で仕事をするのは精神的にも嫌でした。

だから、派遣会社を選ぶなら日総工産のように設備の評判や口コミの高い、大手の派遣会社を選んだほうが良いと考えています。

日総工産を選んだ理由②何もしない派遣会社の担当者

私が派遣された工場では、全てドアはカードキーで鍵を開けるシステムでした。

「工場の門・建物の入り口のドア・工場の建物内の全てのドア」と、どこに行くにもカードキーが必要なシステムでした。

ですが、働きはじめて5カ月が経っても、私にはカードキーが届きませんでした。

派遣会社の担当のスタッフと合うたびに、早くどうにかしてほしいとカードキーを催促しても「手続き中だからもう少し待って」と言われ続けました。

私が働いている職場の、私よりも後に入ってきた他の派遣会社の人達は1週間ほどで持っていました。

職場の上司に言っても、派遣会社から申請してもらわないとダメだと言うことでずっと不便な状態が続きました。

このように自分の派遣会社の仕事が適当だと、働くスタッフは苦労するので派遣会社を選ぶなら日総工産のようにスタッフの評判や口コミが良い大手の派遣会社が本当におすすめです。

日総工産を選んだ理由③給与間違える1ヶ月分が3日分に・・・

日総工産の評判や口コミでは、これほど酷いケースの話しは無いと思います。

はじめての給与明細が渡されました。

明細書の中身を見て驚きました。

私が手にした給与はたったの3日分のみです。

計算ミスなのかな?とりあえず派遣会社に電話をして給与が足りて無さ過ぎますよと伝えると「調べてから振り込みます」とのことでした。

でも、なかなか振り込まれません、1週間以上待っても銀行に振り込まれないので再度、派遣会社に連絡をして「いつになったら振り込まれるのか?」と聞きました。

すると「何日間働いたか、わからないから教えて」と言われました。

この時、悟りました~イマイチ側の派遣会社だと・・・

私の方で調べて再度連絡をしたら、やっと銀行に正確な給与が振り込まれました。

本当に信用できない派遣会社を選んでしまったら不幸ですよ、だから日総工産のよう評判や口コミの高い大手の派遣会社を選んだほうが安心です。

日総工産を選んだ理由④自動的に無断欠勤にする

朝起きたら体調が悪かったので仕事を休むことにしました。

普通、仕事を休むときは工場と派遣会社の担当者に連絡をするルールとなっていました。

でも、私の派遣会社は「工場への連絡はいらないから、担当の派遣スタッフに連絡をしてくれ」と言われていました。

なので、電話で派遣の担当スタッフに「今日は体調が悪いから休みます」と伝えると「派遣先にはこちらから連絡するから大丈夫」と言われました。

そして、次の日、体調が治ったので出勤すると、昨日は「無断欠席」となっていました。

イヤ~絶句しました。

派遣先の上司に話をすると、派遣の担当者が「勝手に休んじゃってすいません」って言ってたぞとのことです。

そんなことをした理由はよくわかりませんが、派遣会社の評判?点数?を減らさないようにするためなのかな?

いずれにしても、派遣スタッフを売る様な派遣会社を選んではダメです。

選ぶなら日総工産のような評判や口コミの良い、大手の派遣会社を選んでください。

日総工産を選んだ理由⑤史上最悪の退職方法

日総工産の評判や口コミにこれほどバカバカしい投稿がありますか?

私は働いていた派遣会社の仕事を退職することにしました。

ルールでは退職する2週間前までに伝えることになっていたので、1ヶ月前から伝えました。

退職する日の2週間前になると、派遣の担当スタッフが「派遣先の会社と上司には退職することを伝えたけど、その話は退職日の終わりまで周りには内緒にしてくれと言われた」と伝えられました。

まぁ~深く考える事も無く指示に従いました。

最終日の朝は退職の挨拶をするのか?それとも、仕事終わりに挨拶するのか?と待っていました。

でも、何か普通に終わってしまって「アレ?」って感じでした。

次の日に、ロッカーの荷物を取りに来るので、その時に挨拶なのかな~と思って、その日は帰りました。

そして、次の日にみんなが出勤する時間と重ならないようにズラした時間に、派遣の担当者と待ち合わせをして荷物を取りに行きました。

最後に門に到着すると担当者が私に言いました「誰にも見つからないように荷物を回収してくれ」と・・・

私、無断で突然辞めた設定にされていました。

このような酷い派遣会社が世の中には本当に存在します。

まともに給与を払わない、責任はスタッフに押し付ける・・・私は派遣会社選びを完全に失敗しました。

このページを読んでくれている人は、日総工産のような評判や口コミの良い大手の派遣会社を選んでください。

まだまだ、小さい派遣会社の適当な仕事ぶりはあるのですがここまで・・・・

日総工産の特徴は「製造業・工場」専門の派遣会社です

日総工産株式会社(NISSO CORPORATION)は、「工場・製造」の求人専門の派遣会社です。

製造・工場専門の派遣会社は増えていますが、ここまで大きな会社は稀です。

日総工産が大手の派遣会社だから安心と言う部分はありますが、日総工産の評判や口コミが良いのはそれだけではありません。

日総工産の評判や口コミが良い3つの理由について書いてみたいと思います。

日総工産の特徴①工場・製造業に強い派遣会社

日総工産が長い間、派遣会社を続けられているのには理由があるはずです。

日総工産は40年以上もの間「工場・製造」の求人を専門的に扱ってきた派遣会社です。

創業は1971年の昭和46年で新横浜にある会社です。

正直、派遣会社の中には怪しい会社もある状態です。

会社の住所をグーグルのストリートビューで見てください、えっここに面接に行くの?と言った感じの派遣会社も中にはあります。

その点、日総工産は2018年より東京証券取引所市場第一部に上場している会社です。

資本金とか凄すぎます・・・20億626万円

これだけあれば給与未払いで逃げられるなんてことはなさそうですね。

日総グループには、こちらも有名な会社ばかりで「日総ブレイン」「日総ニフティ」「日総ぴゅあ」などがあります。

最近、できたばかりの派遣会社より40年以上続けている老舗の企業の方が安心です。

長年の経験値があるので、トラブルなどの対応にも慣れていますし、派遣先との繋がりも強いと思います。

日総工産の特徴②大手製造メーカーの求人が多数

日総工産と取引のある派遣先の企業が凄い大企業ばかりなのも特長です。

自動車会社の取引先企業名は「トヨタ自動車・日産自動車・マツダ・日野自動車・いすゞ自動車・ダイハツ工業・スズキ」などです。

大企業の工場の特徴として、派遣のスタッフに慣れていることがあります。

特に、自動車工場では昔から「期間工・期間従業員・期間社員」が活躍していました。

寮も食堂もあるので、働きはじめやすいです。

取引先企業が大手ばかりなのも、日総工産の評判や口コミが良い理由だと思います。

日総工産の特徴③工場専門求人サイト「工場求人ナビ」

日総工産が運営をしている工場専門の求人サイト「工場求人ナビ」は製造の仕事を探している人におすすめです。

いろいろな仕事内容と条件で全国の大企業の求人を探すことができます。

仕事内容は「自動車・半導体・液晶・食品・住宅・印刷・精密機械・機械加工・金属加工・石油化学紙・パルプ・ゴム・電子・電気」などを網羅しているので、 経験やスキルを活かしたい人や興味のある仕事にもチャレンジできます。

工場求人ナビでは、大企業の求人ならではの条件も選べます「未経験OK・簡単な作業・カップルで一緒に働く・友達と一緒に働く・女性・40代・50代・交通費規定支給・特典つき・職場駐車場無料・社員食堂あり・残業少ない・残業多い・給与前渡し制度あり・資格や免許が取れる・正社員登用制度あり」など・・・

日総工産の評判や口コミの良さは、業種や仕事内容や条件から自分に合った求人を選べるので納得できるからかも・・・

その他にも、優良派遣事業者?製造請負優良適正事業者?GJマークって聞いたことありますか?

あまり気にする人はいないかなと思うのですが、しっかりと取得しているですね。

簡単な話まじめで信頼できる会社と言うことかな・・・日総工産の評判や口コミにも影響していると思います。

工場側の企業が派遣スタッフ(バイト)や期間工に慣れていると働きやすい

当り前ですが「良い派遣会社」+「良い派遣先の工場」が一番の理想ですです。

では「どのような派遣先の工場・企業を選んだら良いのか?」

一番良い理想的なのは派遣スタッフや期間工に慣れている工場です。

派遣スタッフに慣れていない工場だと、作業者の人数の増加に対応できていなくて「ロッカーの数が足らない、休憩所が狭い、通勤手段の車・バイク通勤制限・寮の人数、食堂で座る場所が無い」などの苦労が発生したりもします。

本当に大事です。

大企業の工場は、期間工や派遣スタッフが常に働いている状態なので、そのような心配はありません。

派遣会社を利用しはじめたばかりの工場だと、どのような仕事をどの範囲までまかせるのか?決まっていないこともあります。

なので、妙に楽すぎたりしますが、楽なのが知れると仕事をどんどんと付け足されていくので・・・なんだかな~と言う気持ちになります。

なるべくなら、職場での研修や受け入れ態勢の整った大企業の工場を選ぶと余計な苦労は無くなると思います。

日総工産の評判や口コミでそのような不満は見かけないのは、慣れている工場ばかりだからだと思います。

日総工産の「面接・面談・相談・登録」と「応募・工場見学・入社」までの流れについて

派遣会社で働いた経験のない人に、少しでも不安を無くしてもらうために求人の応募から面接と仕事の紹介までの流れを説明してみたいと思います。

どんな仕事でも同じですが、仕事内容によって面接の内容や難易度に違いがあります。

とは言え、あまり心配し過ぎなくても大丈夫です。

普通にやる気のある積極的な姿勢と、最低限の準備はした方が面接を受けるあなたが楽だと思います。

日総工産の工場求人ナビから応募する

工場求人ナビで希望の仕事が見つかったら日総工産に応募をしましょう。(希望の求人が無くても探してくれるので大丈夫です)

工場求人ナビを見ていると言うことはネットから申し込みができる環境だと思うので、求人情報の応募ボタンをクリックします。

必要事項を入力して応募します。

すると、日総工産のコールセンターから、メール、ショートメールか電話で連絡がきます。

連絡の内容は「名前・電話番号・仕事No・仕事の希望(通勤・入寮)・希望の面接オフィス・面接会場・登録会希望日」などです。

難しく考えることは無くて、感じの良い女性オペレーターさんが対応してくれます。

私の場合は、何回も面談の予約日や時間を変更してもらったのですが、嫌がられませんでした。多分・・・

面接対策と言うほどではありませんが、希望する仕事以外に第二第・三希望ぐらいまで考えていると良いと思います。

気になっている求人の条件の経験者優遇の求人に未経験で応募するのは可能か?など面接で質問できます。

もし、希望の求人がダメでも同じような仕事を紹介してもらえますので、絶対に譲れないポイントや妥協できる条件なども一応考えておくと面接の質問で軽はずみな返事をしないで話し合えると思います。

日総工産の「面接・面談・相談・登録」会場のオフィスでお話し

求人に応募したら「面接・面談・相談・登録」の会場に行きます。

服装は、スーツでなくても大丈夫で、Gパンやシャツなどでも良いそうです。

受付で「今日予約をしている〇〇です」と言えば、後は待つだけです。

「面接・面談・相談・登録」の担当者が来て席に案内してもらいます。

そして、履歴書(写真貼付)と名前と年齢が確認できる身分証明(運転免許証、保険証、住民票など)を提出します。

どうやら履歴書の写真は日総工産が撮影して作ってくれるようです。

自分も撮影した記憶があります。

その後、エントリーシート(アンケート)に「名前・年齢・住所・職歴・希望の勤務地・給与額・寮・志望動機・健康状態(持病など)・長所・短所」などを記入します。

そして、履歴書とエントリーシートを参考に、もう少し詳細がわかる簡単な質問に答える感じです。

簡単な適性検査ですが体調は万全にして

それから、適性検査もあります。

適性検査と聞くと、能力が高いか?低いか?を調べられるイメージがありますが、普通なら問題ないと思いますので不安にならないでください。。

手足を動かしたり簡単な計算をしたり指を使ったりなどする検査です。

私は前日に遊んでいて一睡もしないまま面接・登録に行ったので適性検査はボロボロでした。

簡単な計算ができないくらいの状態で、2ケタの足し算で脳がフリーズしました。

もし、適性検査の問題をたくさん解きたいならゲームの脳トレなんかが練習になるかも・・・

日総工産に派遣の登録をして仕事を紹介してもらいましょう

日総工産に登録することで、応募した求人の詳しい情報を教えてくれます。

登録をして仕事の紹介のお願いをすると数日後に担当者から連絡がきます。

採用ならばその後の工場見学や持ち物や待ち合わせなどの説明をしてもらえます。

もし、残念な結果になっても別の仕事を希望していれば、違う求人情報を紹介してもらえます。

日総工産の評判や口コミが悪くなるような、しつこく無理やり求人を紹介するなどの行為はなかったです。

日総工産の評判や口コミに影響する工場見学

日総工産では働く前に工場の職場見学ができます。

働きはじめてから「こんなはずじゃなかった」「やっぱり自分には合わなそう」なんてことにならないための工場見学です。

日総工産も派遣先の企業の方も、働きはじめてから「自分には合わない」とか言われると困るので、工場見学で印象が悪い場合は早めに辞退したほうが良いです。

不満があるのに我慢して働いてしまうと、日総工産の評判や口コミで落とすようなことばかりを言う人間になってしまいます。

工場見学は、日総工産の担当の方と工場の近くで待ち合わせをしてから一緒に行きます。

そして、派遣先企業の担当者と挨拶をして工場の中を案内してもらいます。

もし、働くことに問題が無いのなら、その場で入社が決まります。

日総工産の寮の部屋や設備について

日総工産の寮の評判や口コミなどについて少し詳しく説明したいと思います。

日総工産の工場求人ナビのサイトで、寮に入ることができる仕事が見つかります。

工場の仕事で利用できる寮は劣悪な環境で我慢しながら生活しているイメージを持っている人もいるかと思います。

昔は期間工の人が「1部屋に何人も一緒に生活」とか「1部屋2段ベットで相部屋」などはありました。

でも、今ではプライバシーのある生活ができるようになっています。

寮のタイプによって自由度に違いがありますがルールの多い寮でもサポートスタッフがフォローしてくれます。

一言で寮と言っても、いろいろなタイプの部屋があります。

1R(ワンルーム)マンション・アパートタイプの「寮費・光熱費・設備」

1R(ワンルーム)マンション・アパートタイプの寮は、基本的に「キッチン・お風呂・トイレ・洗面台」があります。

1R(ワンルーム)マンション・アパートタイプの寮には、テレビ・冷蔵庫・ガスコンロ・洗濯機・布団・エアコンが備え付けられています。

光熱費も寮費に含まれているケースもあり月6万円くらいになります。

食事はアパートタイプの寮ですと、自分でお弁当などを買うか外食か自炊になります。

工場の社員寮の場合の「寮費・光熱費・設備」

派遣先の企業が完備していて「玄関・食堂・トイレ・風呂・洗面所・電子レンジ」が共同となっている寮を日総工産では集合寮と呼んでいます。

部屋は6畳くらいの個室となっていますがキッチンは付いていません。

でも、共同部分にキッチンがある場合もあります。

光熱費は無料の場合が多く、寮費は2万円くらいなので節約ができて貯金した人に向いています。

日総工産と派遣先の工場との調整をする担当スタッフ次第で評判や口コミが違ってくる

日総工産と派遣先の工場の間に入って調整をしてくれる日総のスタッフがいます。

もし、職場に不満やトラブル(仕事が合わない・体調が悪い・人間関係に悩むなど・・)がある場合は担当スタッフに調整をお願いしましょう。

実際、担当のスタッフに改善を訴えてもどれほど変化があるのかはわかりません。

できないことも少なくは無いと思います。

ですが、悩んでいるスタッフにどのように接してどのように行動したかによって日総工産の評判や口コミに影響があると思います。

日総工産の評判や口コミが良いからこその幅広い仕事内容

日総工産は製造・工場の評判や口コミが高い派遣会社です。

なので、さまざまな業種の工場求人があります。

「自動車・半導体・液晶・食品・住宅・印刷・精密機械・機械加工・金属加工・石油化学・紙・パルプ・ゴム・電子・電気」など

仕事内容もたくさんありますので、経験を活かしたい人も未経験の人も仕事を探すことができると思います。

「組立・検査・塗装・プレス・鋳造・溶接・マシンオペレーター・旋盤・研磨・部品・機械・製造・部品供給・玉掛け・走行テスト・免許・フォークリフト・大型・特殊・重機・部品取付・成型・加工・貼り付け・メンテナンス・保全・軽作業・生産管理・技術系・電気系・技術系・CAD系・運搬・清掃・洗浄・梱包・販売・事務・受付・購買・管理・営業・資格・英語・データ入力・コールセンター・SE・ハンダ」

派遣先の中には、大手自動車会社の工場の「自動車部品工場等自動車の組立・塗装・溶接・プレス加工、部品工場等での組立や機械操作」などの流れ作業(ライン作業)があります。

日総工産の仕事は、工場での製造作業なので、力仕事ばかりなイメージですが、力仕事の少ない「ピッキング・検品・梱包・運搬・データ入力・事務・マシンオペレーター・半田付」などの求人もあります。

日総工産の派遣スタッフ(アルバイト)から正社員に登用される人も・・・

雇用形態もいろいろとあります「派遣社員・派遣社員(紹介予定派遣)・契約社員・契約社員(メーカー直接雇用)・正社員」

・「紹介派遣」とは⇒派遣期間終了後に、派遣先の企業との直接雇用に切り替わるシステムです。

・「請負契約」とは⇒日総工産のスタッフとして(雇用契約は日総工産と)、企業の工場で、日総工産の指示のもとに働く形態です。

・「メーカー直接雇用」とは⇒、社員として働くことです。

日総工産の求人情報の中に正社員登用制度が記載されている場合は正社員になるチャンスがあります。

日総工産に仕事を紹介してもらう前にどうしても譲れない条件などを確認しましょう

日総工産の面接で登録をすると、希望の求人に採用されなかったとしても希望者には他の求人を紹介してもらえます。

そのとき紹介された仕事が、希望していた求人の条件と同じとは限りません。

そのような時に、すぐに対応できるように、これだけは譲れないと考える条件を把握しておくと迷わずに済みます。

突然の仕事の紹介に軽はずみで返事をしてしまうのはリスクが高いです。後悔しないためにもハッキリと明確に担当者と話し合えるように考えておきましょう。

「未経験OK・カンタン作業・カップルで働く・友達と働く・女性活躍中・40代・50代・交通費規定支給・嬉しい特典つき・職場駐車場無料・社員食堂あり・残業少なめ・ガッツリ稼ぐ・給与前渡し制度あり・資格・免許が取れる・正社員登用制度あり」などの条件があります。

とは言え、あまり多くの条件を付けくわえ過ぎると求人の幅が無くなってしまうので、妥協できるものは妥協しましょう。

工場の仕事の勤務体制「昼勤・夜勤の交代制」は稼げます

工場の仕事では、交代制の職場も多いです。

夜勤のある2交替・3交代勤務などがあります。

夜勤があると深夜割増があるので、昼勤のみの勤務体制よりもお金を稼ぐことができます。

週休二日制は完全週休二日制と違い、繁忙期などには土、日でも休日出勤がある可能性もあります。

大きな企業の工場ならば、土・日に休日出勤があったとしても日曜日は休みになります。

私の経験ですが、「小さい派遣会社」+「小さい会社の工場」だと2週間休みが無いこともありました。

休みがしっかりと取得できないと体への負荷がきついので、日総工産のように評判や口コミの良い大手の派遣会社を選んでください。

日総工産の2ちゃんねるでの評判や口コミは浅い・・・浅すぎる

日総工産の評判や口コミであまり良くない内容を書いている人は、他の派遣会社を知らない可能性があります。

2ちゃんねるの評判や口コミなどを読んでも、あまりに被害者意識が高い意見だったりして参考になりません。

日総工産の評判にも関係する福利厚生について

基本的に各種社会保険などは完備

日総工産では、基本的に入社時に社会保険(健康保険・厚生年金・雇用保険)の加入手続きをします。

40歳以上で働く場合は、介護保険にも加入することになっています。

小さい派遣会社だと、なかなか社会保険(健康保険・厚生年金・雇用保険)に入れなかったりもしますのでやはり大手の派遣会社は違うな~って感じです。

ベネフィットステーションは「レジャー施設・旅行・映画館・飲食店」などのお得なクーポン

ベネフィット・ステーションとは、日総工産で働いてるスタッフが休日などに利用することができる「レジャー施設・旅行・映画館・飲食店」などのお得なクーポンです。

(但し2ヶ月以上の就業される人が対象)

ベネフィットステーションを利用できる範囲が広くて、会員本人と配偶者さらに二親等以内のご親族と太っ腹過ぎます。

ベネフィットステーションのサイトを見たら、飲食店のクーポンに50%割引が沢山あって驚きです。

工場の仕事は嬉しすぎる「入社祝金・満了慰労金・皆勤手当」などの各種手当支給

製造・工場の求人情報を見ていると、入社祝金や満了慰労金などの報奨金がありがた過ぎて驚きます。

とくに、自動車工場の期間工募集の求人を見ると、手当てなどもがいっぱいで凄いですね、社員のボーナスって感じなのかな?

・入社祝い金は基本的に初回の給与と一緒に支給してもらえます。お金が無い状態で入社した人は嬉しいお金だと思います。

・満了慰労金とは契約期間満了時まできっちりと働き続けるともらえる報奨金です。

・他にも皆勤手当などもあります。

日総工産は前払い制度があるのでお金が無くても働けます

「給与日までの生活費が足りない」

「至急、お金が必要になった」

このようなときに、頼りになるのが給与の前払い制度です。

日総工産では、フレックスチャージシステムと呼ばれています。

注意点は、実際に働いて稼いだ給与の中から一部を給与日の前に支給してもらうと言うことです。

フレックスチャージの手続きは、スマホ・パソコンからも利用できます。

ただし、管理手数料が月額172円と依頼のたびに手数料がかかります。

なので、あまり頻繁に利用すると損になります。

日総工産の派遣アルバイトを探すなら「タウンワーク(TOWNWORK)・niftyアルバイト・マイナビバイト・バイトル・an」よりも「工場求人ナビ」からがおすすめ

日総工産の求人は、有名な求人サイトの「タウンワーク(TOWNWORK)・niftyアルバイト・マイナビバイト・バイトル・an」などからも探すことができます。

ですが、やはり日総工産が運営をしている「工場求人ナビ」から仕事を探すことをおすすめします。

日総工産が運営をしているので、求人情報もリアルタイムの最新情報の可能性が高いです。